ピンチ!島でサバイバル?!

地中美術館など島のアートを満喫し、銭湯でのんびりして民宿に戻ろうとしていた私にピンチが・・。

銭湯から民宿に向かうため、細い田んぼ道のようなところをレンタサイクルで走っていたのですが、途中でスマホの電池が切れてしまい、現在地とこれから向かう先が全くわからなくなってしまいました Σ(゚д゚lll)まだ20時くらいだというのに、街灯も少なくあたりは真っ暗。誰かに道を聞こうにも人通りが全くなく『島の人の夜はこんなに早いのか・・』と妙に納得。って納得してる場合じゃないと我に返り、見知らぬ土地で起こったこの状況にプチパニック!本当に泣きたいぃ・・o(;△;)o

ふと『こんなときアキさんならどうする?』とアキさんの姿が目に浮かびました。『アキさんだったらこんなピンチで絶対泣かないし、うろたえずに冷静に対応する!』アキさん効果(笑)で気持ちが落ち着き、1時間くらいさまよった結果、少し街のほうに出ました。そこでようやく人に出会うことができ、道を聞いて無事に民宿にたどり着くことができました!

が!
ホッと一息ついたのも束の間。民宿のドアがなぜか施錠されていて開かない(>_<;)急いで民宿の人に電話しようとスマホを取り出すも充電は切れているー。どうしようもないので、とにかくドアを叩き続けたら、5分後くらいに他の宿泊者の方が気づいて中から開けてくれました。本当によかったです。一人だとこんなトラブルが起こるんだな・・・もう暗くなってからは一人で行動しないでおこう、と心に誓いました。

初めての一人旅初日はハプニングがありましたが、2日目は前日の夜の恐怖を思えば、とにかく外が明るいだけで安心&強気になり、美術館の人やカフェの店員さんなど、出会った人にどんどん話しかけていきました。初めての一人旅、どうなるかな?と行く前は正直不安でしたが、ハプニングを乗り越え、人とどんどん話すうちに、アキさんが言っていたことが少し解ったような気がします。出会う人出会う人が温かく、直島は本当に素敵なところでした!次は直島の隣にあるアートの島「豊島(てしま)」に行ってみたいなと思っています。

 

 

こうして私の初めての一人旅は終了。思った以上に満喫しましたヾ(@~▽~@)ノ


楽しかったけど、当分一人旅はいいかな・・(笑)あれ以来、スマホの充電は常に気を遣っています。(モバイルバッテリーも購入しました)みなさん、一人旅をするなら、とりあえずスマホの充電は満タンに!モバイルバッテリーも装備しておいたほうがいいですよ!!

 

 

最後は、直島で出会ったかわいい猫ちゃんの写真でお別れです(*´꒳`*)

アート×一人旅=直島!

先輩に触発されて、思い立った1泊2日の一人旅。行き先は・・・以前から気になっていた、瀬戸内海のアートの島の「直島」に!草間彌生さんのかぼちゃが有名な島です。

 

 

一人旅らしくJR(在来線)で移動しましたが、姫路を過ぎてから『一人旅してる!!』とテンションUP(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
岡山まではからフェリーに乗って直島へ。

 

 

アキさんも直島へ行ったことがあり「島内に美術館やアート作品が点在しているからレンタサイクルで島内を移動するといいよ」とアドバイスをもらっていたので、レンタサイクルの手続き(思ったより簡単)を済ませて、いざアート巡り!

 

美術館を含めたくさんのアートに触れましたが、私の一番のお気に入りは、地中美術館の中にあるジェームズ・タレルの『オープン・スカイ』という作品。白い壁で四角く仕切られた空間の中に、壁にそって大理石のベンチがあり、そこに座って上を見上げると、天井にはぽっかりと正方形に空いた穴。正方形の穴からは空、流れる雲が見えます。オフシーズンの平日だったこともあり、他の観光客は少なく、ベンチに座って空と雲を眺めていると時を忘れ、気付けば1時間経過していました ( ゚д゚)ハッ!

 

ちなみに、ジェームズ・タレルは光をテーマにした作品がたくさんあるのですが、地中美術館にもう1つある、『オープン・フィールド』という彼の作品も衝撃的でした。一見すると階段の上に、青く光る壁があるように見えるのですが、実はそれは壁ではなく空間で、その先に進めるというのです!私は階段の上まであがって、壁(のように見えるもの)の直前まで来てもそれが信じられず、近くの美術館スタッフさんに「え、本当に入れるんですか!?ぶつかりませんか!?」と聞いてしまいました(笑)本当に衝撃を受けた作品です。

 

直島は、いわゆる絵画などの「観る」アートだけではなく、実際に体験したり、感じたりすることができるものもたくさんあるのがいいなーと思います。(美術館内は写真撮影NGだったので、気になった方は是非直島へ行って下さい!本当におすすめです!!)

 

夜は、これまた派手でアートな『I ♡ 湯(アイ ラブ ユ)』という素敵なネーミングの銭湯に行きました!あんなにワクワクする銭湯、生まれて初めて(笑)

たっぷりアートを満喫し、予約していた民宿へ・・・
とここで事件が!!

果たして何が起こったのか・・・
長くなってしまったので、続きはまた次回の記事で☆〜(ゝ。∂)

2025万博は大阪に決まり、そして私は・・

お久しぶりです!すごく間があいてしまいました・・・(m。_ _)/ ハンセイ

前回「大阪万博の再来はあるのかな?」なんて投稿をしましたが、2025年国際博覧会は大阪に決まりましたね!今のところまだお祭り騒ぎ!という感じはありませんが、もう少し時期が近づいていたら盛り上がるのでしょうか?

 

さて、ブログ更新まで間が空いてしまいましたが、その間勉強とかバイトとか「一人旅デビュー」とか色々忙しくて、なかなかブログ更新ができていませんでした。

私の一人旅デビューのきっかけは、私の大学の先輩にお金と暇さえあれば国内海外問わず一人で旅行にいく『アキさん』という人がいて、(私が憧れている女性の一人)アキさんとご飯にいったときの会話がきっかけでした。「なんで一人で旅行に行くんですか?」と質問したところ「一人のほうが仲間内でこもってしまわずに、現地の人と触れ合える機会がたくさんあるから。外の人と触れ合うといろんな発見があって、まだまだ世界は広いな~、知らないことがたくさんあるな~、って感じることが沢山あって。そのマインドが私を動かすの!」アキさんの答えに、なんだか単純に「かっこいいな!!!」と思ってしまいまして(๑•̀ㅁ•́๑)✧

アキさんみたいに「趣味は一人旅です。」とか言ってみたい!なんてミーハーな感情もありつつ(笑)また、今まで友達と旅行へ行くときに何もかも友達にまかせっきりだった我が身を振り返り、今こそ行動したほうがいいかも・・なんて思い、1泊2日の一人旅を決行しました!

 

果たしてどこに行ったのか・・・は、長くなりそうなので次回のお楽しみです!

 

ヒント↓


1970大阪万博とEXPO’70パビリオン

大学の先生と話しているとき、大阪万博の再来はあるのか?という話になりました。候補地に立候補していたパリは1月下旬に立候補を取り下げ。2025年国際博覧会の候補地として残っているのはアゼルバイジャンの首都バクーと、

ロシアのエカテリンブルグと、

大阪の三都市。大阪は舞洲が有力候補みたいですね。

先生は「ライバルのパリが立候補取り下げたことで大阪はだいぶ有利になったけど、それでも70年万博みたいなあの熱狂は無理だろうなぁ・・」と、当時の思い出を話してくれました。

「大阪万博が開催された1970年、私は中学二年生。当時私は東大阪市に住んでいたんだけど、神崎川に住む叔母の家によく世話になって、東大阪、神崎川、吹田を行き来したもんだよ」

「叔母の向かいの家に女子大生の娘さんがいてね。その娘さんは万博期間中コンパニオンをやっていたんだ。あの当時、若くて器量の良い娘はみんな万博の手伝いに行ってね。よく叔母が「私もあと10年若かったらコンパニオンのお声がかかっていた」なんて言ってたけど、今思うと10年じゃぁちょっと厳しかったな(笑)」

「ある時友達と一緒に行ったとき、はぐれた子を捜す親がいて、しばらく行ったところに迷子の女の子を見つけたことがあってね。友達は急いで親を呼びに行き、私は女の子をあやして、無事再会したこともあったんだ」

先生は昨日の出来事のようにどんどん万博のエピソードを話し、私たちはそれに聞き入ってしまいました。テレビや映画、書籍では1970年に大阪で熱狂的な万博があったことは知っているけど、その時代を経験した人の話はリアルでとても面白いです。

「吹田にある万博記念公園は行ったことあるかな?たぶん君たちみたいな若い人はエキスポシティの方が楽しいと思うけど、公園の中に70年万博の記念館があるから一度行ってみるといいよ。もうじき太陽の塔の内部が公開されるから、落ち着いたころに記念館と一緒に行くと当時の雰囲気を味わえるんじゃないかな」

先生、ズバリ今年の1月エキスポシティに行きました・・!(笑)
その時は万博記念公園はスルーしていましたが、先生の話を聞いて70年万博に興味が湧いたので、春休みに一度行ってみようと思います。行ったらまたブログで紹介します!

佐川美術館の魔法の美術館Ⅱ

お正月に堺の家へ行った後、親戚のカヨさんが「咲那ちゃんによさそうと思って」と、滋賀県にある佐川美術館で行われている美術展のお誘い電話がありました。

初詣に行ったとき、私がアートや映像制作、WEBの仕事に興味があるという話をしたのをカヨさんが覚えてくれていたようです*+.★(*’v`p嬉q).*o☆
カヨさんはWEBの仕事をしながら子育てもするスーパーウーマン!
私はまだ大学生で、アートとは無縁の私立大学に進学しましたが、将来のことを相談をしたときに色々アドバイスしてくれました。

私は佐川美術館を知らなかったので行く前に調べました。
滋賀県守山市にあり、地図を見ると琵琶湖のすぐ側!
美術館まではカヨさんファミリーの車に乗って行きました。


佐川美術館の周りは水盤で囲まれていて、建物の外からアートを感じられます。
建物の中からも水盤が見えるのですが、とても静かで、心が落ち着くいい場所です。
あそこに住みたいくらい(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

魔法の美術館は「見て」「触って」「楽しめる」デジタルを駆使した現代ならではのアートで、すっごく刺激を受けました!

写真撮影OK
SNS投稿OK
そんな美術館なかなか無いですよね!!
いろんなアート作品があったのですが、カヨさんとこのちびっ子男子と一緒になってワーキャー楽しんでいたので、写真は3枚しかありません・・

 

帰りの車内で考えていたことは、
 作品を作ることがアートの世界
 私も作品を作ってアートの世界に入りたい
今までそう思っていたけど、“美術館スタッフ”という道もありかも・・ということ。
まだその道に進むとか全然考えてないけど、もしかしたら私が思っている以上にいろいろな道や可能性があるのかも。

高校の友達と一緒にEXPOCITYへ

昨日、高校の友達と一緒にEXPOCITYへ行ってきました。
発案人のチモは2~3回行っているらしく、私とミムさんは初!EXPOCITYでした。

千里中央でモノレールに乗り換え、万博記念公園駅で下車。
ミムさんが天気悪いのに「日本一高い観覧車に乗ろう!!」と言い出し
「いやいやめっちゃ雨降ってるやん!」
「こーゆーのは彼氏と一緒に行きや!」二人で必死にミムさんを説得(笑)
ミムさん次から次へと
「ニフレル行こ!!ホワイトタイガー!!」
「スターウォーズとキングスマンどっちがいい?」
「ポケモン!」「ガンダム!!!」となかなか前に進まない(笑)
ミムさんといると笑いが止まりません。
別の友達には『ゲラ3人』って言われていましたが、今でもゲラ3人で遊びます。

モールは1階から3階まであり、チモは「ナイスタイミング!」とエディオンでキーボードを購入(何故!w)

一日中盛り上がっていましたが、一番盛り上がったのがZARA HOMEでの会話で、
「こんなインテリアで統一したい」から「EXPOCITYに住む」という話になり(無理!w)
真剣に「どうやったらEXPOCITYに住めるか」
「どこに身を隠せば警備員にバレないか」と考えながらホールを回る始末(笑)

ミムさんが『万博記念公園のまわりに住むメリット』というサイトを見つけて、最終「万博記念公園の周辺に住めば毎日EXPOCITYに行ける」という話で落ち着きました。

そこから話は膨らみ「ゲラ3人でルームシェアする?」
「100%近隣からうるさいってクレームが入るわ!」
「じゃあ同じマンションにそれぞれ部屋を借りて住むのは?」
「結局3人集まったら うるさい!ってクレームになるやん!」
「彩都の一戸建てを買って3人で住むか!」
「えー!大阪まで行くの大変やんー!!イヤー!」
こんな話を飽きずにずっとしていました(笑)

10時に家を出たのに、帰宅したのは23時前。
母にも「あんたたち飽きないねぇ」と言われるくらい、ひたすらしゃべった一日でした。

初詣は百舌鳥八幡へ行ってきました

昨年末にブログを開設しましたが、投稿する間もなく2018年を迎えてしまいました・・彡(-ω-;)彡ヒューヒュー

年末の3日は家の大掃除やお正月用品の買い出し、おせち準備の手伝い。
元旦は家族でゆっくり過ごし、2日は母の実家がある堺へ行きます。(私たちは堺の家と呼んでいます)

堺の家には祖父母、子(母、叔父、叔母)孫の三世代4家族(全13人)が集まるのでとても賑やか!
孫世代で一番年上なのが私で、中2男子、小6女子、小3男子、年長男子と続きます。
みんなは私を「サナちゃん」と呼び、私は叔父さんを「ケイさん」叔母さんを「カヨさん」など名前で呼びます。
中2男子トモは『年頃だから口きいてくれないかも・・』なんて行きの車の中で考えていましたが全然そんなことなく、ガキ使の話で大盛り上がり(笑)
おせちを食べ、お雑煮を食べ、おやつを食べて(大人はお酒を飲んで)お腹いっぱいになったら、腹ごなしに初詣へ行きます。

毎年近所の百舌鳥八幡へ行くのですが、百舌鳥八幡は写真のとおり人でいっぱい!

足元から冷えるので靴用カイロは必須です。
家でさんざん食べたにも関わらず参道脇の出店であれこれ買って食べる私たち(笑)
待ち時間は長いですが、それでも皆でワイワイ食べたりしゃべったりしているので、待っているのはあまり苦になりません。
来年はトモが高校受験。私が高校受験、大学受験の時はここでお守りや絵馬を買ってもらい、無事に希望の進路に進めたので、これまで私がやってもらったことをトモにしてあげたいな・・なんて考えながら参拝を済ませて帰宅しました。

その後みんなでゲームして、おばあちゃんお手製のぜんざいを食べて、自宅へ。
毎年思うけど、2日は食べ過ぎるのが悩みです(・´ω`・)困ッタナァ…

はじめまして

はじめまして、咲那(さな)といいます。

初ブログ。
何を書いていくかまだ決まっていませんが、いろいろUPしていこうと思います。
どうぞよろしくお願い致します。